Mobile Edition に続きディスク消去版が完成しました。

仕様

消去対応デバイス

  • デスクトップパソコン、ノートパソコン
    • PATA(PararelATA)、SATA(SerialATA)、eMMC、NVMe 準拠デバイス
  • サーバー・ワークステーション
    • SCSI、SAS、FC(FiberChannel)、RAIDカード

消去デバイスの一例

  • ハードディスク
  • SSD
  • Flash製品
  • リムーバブルメディア(USBメモリ、SDカードなど)

消去方式

  • 1回書き込み方式
    ディスク内部にすべでゼロ(16進数00)を書き込み
  • 2回書き込み方式[ランダム-00]
    • 1回目:ランダム値を書き込み
    • 2回目:00(16進数)/00000000(2進数)を書き込み
  • 3回書き込み方式[ランダム-FF-00] 米陸軍準拠方式に準拠(AR380-19)
    • 1回目:ランダム値を書き込み
    • 2回目:FF(16進数)/11111111(2進数)を書き込み
    • 3回目:00(16進数)/00000000(2進数)を書き込み
  • 4回書き込み方式[AA-55-ランダム-00]※米国防総省基準に準拠(DoD5220.22-M)
    • 1回目:AA(16進数)/10101010(2進数)を書き込み
    • 2回目:55(16進数、AAの補数)/01010101(2進数)を書き込み
    • 3回目:ランダム値を書き込み
    • 4回目:00(16進数)/00000000(2進数)を書き込み
  • セキュア消去(SecureErase)
  • サニタイズ消去(Sanitzie)

その他機能

  • 読み込みテスト
    消去後の製品のリユースを目的に、ディスクの動作検証を行える仕組みを搭載
  • ベリファイ機能
    消去が行われていたか、消去の確認を行う機能を搭載
  • UEFI対応
    最新デバイスのUEFIブートにも対応。ノートパソコン、タブレット製品をはじめ様々なデバイスに対応
  • 並列消去機能
    複数台のデバイスを並列に消去する機能を標準搭載

機能

オペレーションミスを削減する為に

パスワード制御機能

ディスクのご消去を予防する為にパスワード指定自動実行を行う事ができます。パスワード[enter]で全ディスクが消去されます。

無線WIFI接続機能(ベータ提供中)

消去現場でのLANケーブルを接続する作業時間を削減します。

エラー時中断機能

消去時の書き込みエラーなどが発生した場合、消去作業を中断する機能が搭載されています。

消去スタンプ

消去後のストレージに消去を行った画面を表示させる機能が搭載されています。