正式リリースされましたiOS10.3に対応しました。

Evidence Creator:build=105 / Library: 0.3.1-100 + 0.7.5-362rにアップデートしました。

平素より MASAMUNE Erasure をご利用いただき、誠にありがとうございます。

正式リリースされましたiOS10.3版についてですが、稀に消去(IPSWの書き込み)完了後 iPhoneがDFUモードで起動する現象を確認しています。
(SNSなどでアップデートユーザから報告されている文鎮化と似たような物)
この場合、一旦USBを抜き差しして、もう一度消去ツールで消去することで、復帰する事を確認しておりますが、急きょこれらの作業を簡略化する為に、修正パッチを配布いたしました。

  • 修正の内容(build=105 / Library: 0.3.1-100 + 0.7.5-362r)
    【1回目のIPSWへの書込みでDFUモードのまま終了した場合、再度実行することで、エラーを回避する】
    この修正により、DFUモードのまま残ってしまう事を回避する事が出来ます。
  • 修正パッチの適用方法
    消去アプリ Evidence Creatorの再起動、もしくはPCの再起動にて自動的に本アップデートを行う事が可能です。
  • 消去に関わる参考目安時間
    機種やPCの性能によりますが IPSWはダウンロード済みの状態からで、
    1回で正常に消去出来た場合 … 約9分
    1回目失敗して再消去で成功した場合(今回の対策): 約15分の時間が掛かります。
    (今回の対策の再試行をした場合、約6分の追加時間が必要)

現在、弊社ではApple社はじめ他ソフトの開発者側の情報を元に原因の特定とこれらのエラーに対する改善を行って行く次第です

皆様にはご迷惑をお掛けしておりますが、引き続き MASAMUNE Erasure をよろしくお願いいたします。